性病検査の方法 | 性病検査キットの選び方|病院を頼って完全に治そう
先生

性病検査の方法

先生

まさか自分が性病にかかるわけがないと、自負している人はいないでしょうか。性病は生活の中で身近な病気となっています。実際に体調を壊して性病の可能性を疑っていても、なかなか恥ずかしくて性病検査や診察をしに病院に行けない人も多くいます。ですが、性病の種類によって、死をまねくこともあるので早期に対策することも大切です。また、自分自身の体やパートナーの体を大切にするためにも、早急に性病検査キットや病院へ行って治療を行なうようにしましょう。検査方法としては4つ挙げられますが、病気や症状などに合わせた判断方法が必要になってきます。
HIVや梅毒などの症状には主に血液検査が行われますが、クラミジアや淋病の疑いがある場合は尿検査によって判断することができます。また、女性に多くみられる性病検査は、おりものを採取して検査が行われます。おりものを採取する方法は、綿棒のような検査道具を使用し膣内の粘膜を採取します。このおりものの検査でみられる性病には、膣炎やガンジダなどが挙げられます。他にも、喉の粘膜から性病を判断することもあります。このように、症状によって検査方法は異なってくるので、病院を受診する場合は、自分の体に現れている症状を的確に医師に伝えるようにしましょう。
早期に検査をして治療していくことも大切ですが、性病は性行為をすることで簡単に他人へ感染させてしまうので、正しい知識を持って避妊をすることが求められます。