先生

性病に感染してしまった時

先生

保健所や病院での診断は受けるのを嫌がる人がいます。そういう時は、自分で病気の判断を調べることができる性病検査キットがあります。しかし、検査キットとは病気や症状に合わせて選択をしなくてはいけないため、ちゃんと自分の症状を把握した上で検査キットを選びましょう。特にエイズやHIVなどの性病に感染している人は免疫力が低くなり、複数の性病に感染している可能性があります。ですから、性病検査キットで感染がわかっても、その他の隠れた病気を発見することができません。その時は、きちんと保健所や病院での性病検査を受けましょう。
性病に感染した場合、性器以外の喉や目に感染する可能性があります。喉の感染については、オーラルセックスによる感染が要因とも言われています。しかし、ガンジダやヘルペスのような病気は、必ずしも人から移ってしまうものではありません。もともと、ガンジダやヘルペスのウイルスは体内にあり、体調を崩し免疫力が低下したときに症状が現れることがあります。そのため、体調を崩した際に気づかずに性行為をしてしまうと、自分自身がパートナーに移してしまう可能性があり、同じくパートナーから移されてしまう可能性もあります。お互いの症状が悪化してしまう前に、異変を感じたときは、パートナーと一緒に性病検査を受けましょう。自分で性病検査を行う場合は、症状を把握していてもどんな病気が隠れているのかわからないので、できるだけ多くの種類の性病を判断できるような検査キットを選びましょう。

性病検査の方法

先生

誰もがなるかもしれない性病ついて関心を持ち、身近な病気として性病検査を行ない未然に防ぎましょう。また、医師の診断をもとに、症状に合わせた検査方法を行ないましょう。

詳細を確認する...

検査料金はどのくらい

男女

性病検査を受ける際に、どのくらい検査料がかかるのか気になりますが、検査を行う場所によって料金が変わってきます。自分の症状に合わせた検査方法や料金を確認しましょう。

詳細を確認する...

病院の探し方

男女

良い治療を東京で受けるためには、性病検査を受ける病院はしっかりと選びましょう。そこで、良い医師からの診断と治療が大切になります。有名な病院だからといって、良い検査ができるとは限りません。

詳細を確認する...